日本語 / English

氏名

八田武志(はった たけし)


生年月日

1945年小谷村・丁野で生まれる

学歴

1957年小谷小学校卒業
1960年湖北中学卒業
1964年滋賀県立虎姫高等学校卒業
1968年大阪市立大学哲学科心理学専攻卒業
1971年大阪市立大学大学院文学研究科修士課程心理学専攻修了
1973年大阪市立大学大学院文学研究科博士課程心理学専攻中退

職歴

1968年関西医科大学研修員(1969年3月まで)
1973年大阪教育大学助手(教育学部)
1975年大阪教育大学講師(教育学部)
1977年大阪教育大学助教授(教育学部)
1977年文部省在外研究員(長期)連合王国(Wales大学)
1982年豪日交流基金在外研究員 豪州(Western Australia大学)
1983年日本学術振興会特定国派遣研究員 イスラエル国(Bar Ilan大学)
1990年大阪教育大学教授(教育学部)
1994年名古屋大学教授(情報文化学部)
1999年名古屋大学評議員(2001年3月まで)
2000年名古屋大学教授(情報文化学部・大学院環境学研究科) 
2002年名古屋大学情報文化学部長(2005年3月まで)
2008年名古屋大学名誉教授、名古屋大学高等研究員院友
関西福祉科学大学教授(健康福祉学部)
2012年関西福祉科学大学副学長
2014年関西福祉科学大学学長(現在に至る)

取得学位

1981年文学博士(大阪市立大学)

主たる研究テーマ

  • 中高年者の高次認知機能の評価システムの構築とその特性の記述
  • 高齢者の高次認知機能維持のための処方開発
  • 頭部外傷者の認知機能評価と認知リハビリテーションシステムの構築
  • 大脳半球機能差の研究
  • きき手と脳機能に関する研究
  • 日本語表記の認知特性に関する研究
  • 家族システム認知評価法の開発

所属学会

日本神経心理学会(理事、評議員、幹事、編集委員を経て、現在名誉会員)、International Neuropsychological Society、日本心理学会(理事)、日本教育心理学会、日本イメージ心理学会、日本高次脳機能障害学会、関西心理学会、など


受賞

  • 日本人工知能学会研究会優秀賞(2003年度)
  • 人間環境学研究優秀論文賞(2007年度)