日本語 / English

著書(単著)

1.大脳半球機能差に関する研究 風間書房,1982
2.右脳・左脳の心理学 有斐閣,1984
3.伸びる育つ子どもの脳-左右脳の共働メカニズム- 労働経済社,1986
4.教育心理学 培風館,1987
5.脳と行動の仕組み 医歯薬出版,1990
6.左利きの神経心理学 医歯薬出版, 1996
7.J-SACL:情動語によるストレス診断テスト, 日本医学, 1995
8.脳のはたらきと行動のしくみ 医歯薬出版,2003
9.左対右 きき手大研究 化学同人, 2008
10.「左脳・右脳神話」の誤解を解く 化学同人, 2013

著書(分担)


1.利き手テスト作成の試み 大阪市立大学心理学教室(編)「大西憲明教授退任記念論集」,(中塚善次郎との共著)pp.224-247, 1975.
2.読書障害児の認知機能 北尾倫彦(編)「学業不振の原因診断」5章3節(pp.121-138),明治図書,1980.
3.学習の構え 北尾倫彦 ・ 木下繁弥(編)「教科の教授=学習の理論と方法」2章2節(pp. 49-61),第一法規,1980.
4.教育の評価 田中敏隆(編)「教育心理学入門」7章(pp.135-151),協同出版,1980.
5.神経心理 小野章夫(編)「現代心理学の諸相」4章(pp. 99-130),誠信書房,1980.
6.知覚の発達 北尾倫彦(編)「児童心理学」3章1節(pp. 35-45),第一法規,1981.
7.わが国におけるラテラリティ研究について  波多野誼与夫(編)「児童心理学の進歩」2章(pp. 21-47),金子書房,1981.
8.左脳・右脳と勉強 北尾倫彦(編)「勉強のできる子できない子」7章(pp.173-199),創元社,1983.
9.学習を阻害するもの 北尾倫彦(編)「落ちこぼれ・落ちこぼし」7章(pp.181-209),有斐閣,1984
10.学習障害の治療教育 伊藤隆二・坂野登(編)「入門子ども心理学」8章(pp. 168-192),日本文化科学社,1987.
11.ストレス-理論と測定- 細川汀(編)「新労働科学論」2巻18章(pp. 708-729),労働経済社,1988.
12.Reading ability, writing ability, dichotic listening performance, and hemispheric specialization. In I. Liu, and M. Chen (Eds.) Cognitive Aspects of the Chinese Language, Chap. 12, Hong Kong: Asian Research Service, pp. 141-148,1988.
13.認知機能のラテラリティ-その動向と展望- 久保田競(編)「左右差の起源と脳」6章(pp.80-95),朝倉書店,1991.
14.漢字認知のラテラリティ 大阪市立大学心理学教室(編)「40年のあゆみ」,(pp. 527-550), 1991.
15.ストレス 細川汀(編著)「健康で安全に働く」(pp. 708-729) 文理閣 1994.
16.Reading disabilities in Japan: Implications from the study of hemispheric functions. I. Taylor & D.R. Olson (Eds.) Scripts and Literacy. Chap 15 (pp. 141-148), Kluwer Academic Press, 1995.
17.教育評価 田中敏隆(編著)「学生・教師のための教育心理」田研出版、(pp. 157-165, 170-181), 1995.
18.Kanji writing errors in Japanese college students and American Japanese learners.  Chen H-C. (Ed) Cognitive Processing of Chinese and Related Asian Languages. Hong Kong: The Chinese University Press, 1997, Chap. 24, pp. 401-416.
19.Writing errors in Japanese Kanji: A studies with Japanese students and foreign learners of Japanese. Leong, C. K., & Tamaoka, K. (Eds.) Cognitive processing of Chinese and the Japanese Languages. Kluwer Academic Press, 2000, pp. 303-316.
20.イメージ処理過程の神経心理学的メカニズム 菱谷晋介(編)イメージの世界 pp.97-112,ナカニシヤ出版,2001.
21.そろばんを学ぶことと脳のはたらき そろばん教育を考える大学教授の会(編)子どものをすくすく伸ばすそろばん pp.51-74, 出版文化社 2001.
22.Perception of family structures by Japanese students. Gehring, T. M., Debry, M., & Smith, P. K. (Eds.) The family system test: Theory and application. Routledge, pp. 179-193, 2001, (with Ikeda, K.).
23.Reading non-alphabetical scripts. Smelser, N. J., & Baltes, P. B. (Eds.) International Encyclopedia of the Social and Behavioral Sciences. Vol. 19, pp. 12797-12800, 2001, Elsevier.
24. Mood changes and higher cognitive function in patients hospitalized for hip fracture and spinal disease. In Clark, A. V. (Ed.) Psychology and Mood: New Research. New York: Nova Science Publishers, pp.161-185, 2006. (with Hasegawa, Y., & Matsuyama, Y.).
25.記号としての文字形態 岩田誠・河村満(編)神経文字学  医学書院,  pp.77-92, 2007. ( 岩原昭彦・川上綾子との共著) 
26.Development of the screening test for attention by digit cancellation method. Yoshizaki, K., & Ohnishi, H. (Eds.) Contemporary Issues of Brain, Communication, and Education in Psychology. Osaka: Union Press. p.3-19, 2009.
27.「II5章 高次脳機能と健康」、「II9章 家族関係認知と健康」 「III8章 ストレスの測定」「III9章 コミュニケ−ションと健康な生活」 健康科学入門 文理閣, 2009.
28.「認知の個人差の脳内機序」現代の認知心理学 認知の個人差 北大路書房, 2011.
29.「加齢―とくに認知機能について」児童心理学の進歩 2013年版 金子書房, 2013.

著書(共著)

1.ストレスとつきあう法 有斐閣, 1993
2.情報教育概論 コロナ社, 1996
3.D-CAT(注意機能スクリーニング検査)使用手引き ユニオンプレス,2001
4.名大版注意機能検査(NNAA) (CD-Rom) ファブリック 2002
5.D-CAT(注意機能スクリーニング検査)使用手引き 改訂版 FIS 2006

著書(編著)

1.概説心理学(1章 序論, 2章 行動の基礎,12章 適応異常), 信山社, 1993.
2.シンボル配置技法の理論と実際(1章 シンボル配置技法の理論的背景、7章 看護実習場面における人間関係構造認知の変容)ナカニシヤ出版, 2001.
3.新版現代心理学(1章 心理学とは、2章 現代心理学における研究法、3章 生物学的アプローチ、6章 認知的アプローチ,6-7節 問題解決・創造性、7章3節 社会性の発達) 培風館 2007.

著書(訳書)

1.行動の洞察 誠信書房,1977.
2.学習障害の子どもたち ミネルヴァ書房,1981.
3.入門神経心理学 ユニオンプレス,1982.
4.脳損傷のリハビリテーション 医歯薬出版,1988.
5.ストレス・マネジメント マグロウヒル出版,1991.
6.リーディングの認知心理学 信山社, 1995.
7.作業記憶と学習困難 信山社, 1999.
8.本当は間違っている心理学の話 化学同人, 2014.


    学術雑誌論文は学術論文に掲載しpdfにてダウンロードできます。